保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

「保険会社向けの総合的な監督指針」を保険業法第300条に対して策定しています。

そのため相談した人に対しての換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には牛肉などの物品そのもののプレゼントについては具体例が載っていなく、新年の挨拶などでもらうカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には見られていません。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともどちらとも言えない状態です。

家計がギリギリ、でも貯金はしたい!という方はどの部分の支出を削りましょうか。

最初に思いつくのが食費ですが子供のことを考えると食費はできればそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在契約している保険の内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の方は担当者さんの対応が親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者が見つかるまで相談するのがよさそうです。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは個人差はありますが皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直して低くできるかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用したいと決心しても保険の知識がなくても騙されないの?相談に行ったら必ず新しい契約をしなきゃいけないみたいで行きにくい。

という風に思ってしまう方もいると思います。

でも安心してください、知識がなくても加入中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。

その場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

しかし、時代が変わるとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる企業がたくさん増えました。

後から相談サービスに参入してきた企業は自社の製品を是非とも契約させたいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しをしてもらいたいという考えから始まりました。

今の保険を選んだ際になにを参考にしましたか?ランキングサイトなどインターネット上の情報を参考にした人、職場に来た営業の人の案内などいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって選んだ結果、環境が変わって月々の料金が厳しい、実はどんな保障が付いているのか覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを使いましょう。

契約した時と現在では収入や将来への希望などは変わってくるものです。

気軽な気持ちで相談してみたら、保障内容はほぼ同じなのに月額が低くなった、今の家族構成により合った内容に提案してもらえたという話も多いです。

世の中に数多くある保険無料相談会社にあって、テレビでCMを流したり全国に店舗があったりしてわりかし身近に感じられる「ほけんの窓口」。

来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

まず最初に保険についての勉強をするところから始まり、質問をしても嫌な顔せず答えてくれるとのことで多くの人が満足感を得ているようです。

また取扱っている商品の数も多いので、プランも幅広く提案してもらえるのではないでしょうか。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、不十分な提案だからときちんと断れるのか?という点があると思います。

普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当FPさんとの相性が良くない場合は変更するといったような安心・便利なサポートがあります。

一回だけの面談で契約まで至ることはほとんどないようなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨を十分に伝えておくと安心かもしれません。

その提案に自信があるFPさんならその辺りのスピード感も理解しているでしょうから、受け入れてくれるでしょう。

世に数ある保険無料相談会社について、いろいろな視点で見ることができる比較サイトというものがあります。

良く比べられているポイントは、面談までのやり取りが簡単にできるかどうか、また提案できる商品が豊富にあるかどうか、そして最優先事項はFPさんそれぞれの評判です。

人生においても高い買い物と言われているもののことですから、数社で面談をした結果をじっくり比べて検討しながら、自分と相性の良いFPさんと最終的に先のことを決めていくのが良いでしょう。

意を決して保険無料相談をA社のFPにやってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は住宅の次に高い買い物と言われています。

A社のFPを信じてそのまま乗り換えるのも良いのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社のすすめる内容をB社に見せると価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

担当者によって考え方は変わりますがA社の提案内容を見せる場合、「この内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

2017年4月の金融庁が出した指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針を受けて各サービスでは、商品券からお米や牛肉など「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券やギフト券をプレゼントしているキャンペーンでやっているサービスもありますが、これはルール違反、法令違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスの利用を検討しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している企業の情報を調べてから選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。